日々の活動

小泉進次郎議員が応援に!

「まさか」と「まさこ」の意外な関係

本日、小泉進次郎氏が福島で、まさかの応援演説をしてくださいました。「人口減少」と「年金」の問題を、森まさこと共に取り組んでいきたいとおっしゃってくださいました。

小泉進次郎先生とは、自民党の青年局が毎月11日に東日本大震災の被災地を訪れるTEAM-11の活動で、私が顧問としてサポートした時に大変お世話になりました。

「まさか」と「まさこ」の意外な関係            ※シェアお願いします!本日、小泉進次郎氏が福島で、まさかの応援演説をしてくださいました。「人口減少」と「年金」の問題を、森まさこと共に取り組んでいきたいとおっしゃってくださいました。小泉進次郎先生とは、自民党の青年局が毎月11日に東日本大震災の被災地を訪れるTEAM-11の活動で、私が顧問としてサポートした時に大変お世話になりました。ーーーーーーーーーーーーーーー森まさこさん、「まさか」こんな激戦になるとは。今の日本の課題も二つの「まさか」。一つ目は、まさかこんなに人口が減るなんて。もう一つは、まさかこんなに長生きできるようになるとは。この二つのまさかとつながっている課題が、まさに「森まさか」さんじゃなくて、「森まさこ」さんが少子化担当大臣としても取り組んだ政策の一つです。そして、年金政策については、よりよい年金制度にするために年金法の改正をする必要があります。そのためには、参議院でも法律を通さなければならない。そのためには、森まさこさんが絶対に必要です。人口が減ることにもう嘆かない。出生率にこだわるよりも、産み育てやすい環境をつくるために、10月の消費増税に合わせて、幼児教育の無償化にとどまらず、子供を産みたいと思ったら安心して産み育てることができる。また、産むかどうかは、国民一人一人の選択だという社会をつくりたいと思っています。まさか、あんなに減った人口が下げ止まったとは。まさかこんなに長生きをする時代になったとはを、「こんなに長生きできてよかった」と思える国をつくりたい。二つのまさかを、「良いまさか」にするために、森まさこさんと共に頑張りたい。あと10日間、森まさこさんをよろしくお願いします。ぜひ、期日前投票に行ってください!」ーーーーーーーーーーー昨日7月10日に総務省が発表した今年1月1日現在の日本の人口は、1968年の調査開始以降最大の減少というニュースが、今朝の新聞を騒がせました。特に私の出身地の福島県いわき市は全国2番目に日本の人口が減った市町村でした。5位には福島市が続きます。しかし、そんな中で嬉しいニュースもありました。2018年に福島県内に移住した世帯は390世帯ですが、2017年の194世帯から倍増しました。その上、20代が一番多く、30代、40代と続き、40代までで78%を占めます。若い世代を惹きつける、魅力ある福島を一緒につくっていきませんか?フル動画はこちらからご覧ください。https://youtu.be/HY8HyIQSw28‪#福島を守るのは森まさこ #まさかのときもまさこ #まさこに決めた #小泉進次郎 #いわき #応援ありがとう‬

参議院議員 森まさこさんの投稿 2019年7月11日木曜日

ーーーーーーーーーーーーーーー

森まさこさん、「まさか」こんな激戦になるとは。

今の日本の課題も二つの「まさか」。

一つ目は、まさかこんなに人口が減るなんて。もう一つは、まさかこんなに長生きできるようになるとは。

この二つのまさかとつながっている課題が、まさに「森まさか」さんじゃなくて、「森まさこ」さんが少子化担当大臣としても取り組んだ政策の一つです。

そして、年金政策については、よりよい年金制度にするために年金法の改正をする必要があります。そのためには、参議院でも法律を通さなければならない。そのためには、森まさこさんが絶対に必要です。

人口が減ることにもう嘆かない。出生率にこだわるよりも、産み育てやすい環境をつくるために、10月の消費増税に合わせて、幼児教育の無償化にとどまらず、子供を産みたいと思ったら安心して産み育てることができる。また、産むかどうかは、国民一人一人の選択だという社会をつくりたいと思っています。

まさか、あんなに減った人口が下げ止まったとは。まさかこんなに長生きをする時代になったとはを、「こんなに長生きできてよかった」と思える国をつくりたい。

二つのまさかを、「良いまさか」にするために、森まさこさんと共に頑張りたい。あと10日間、森まさこさんをよろしくお願いします。ぜひ、期日前投票に行ってください!」

ーーーーーーーーーーー

昨日7月10日に総務省が発表した今年1月1日現在の日本の人口は、1968年の調査開始以降最大の減少というニュースが、今朝の新聞を騒がせました。特に私の出身地の福島県いわき市は全国2番目に日本の人口が減った市町村でした。5位には福島市が続きます。

しかし、そんな中で嬉しいニュースもありました。2018年に福島県内に移住した世帯は390世帯ですが、2017年の194世帯から倍増しました。その上、20代が一番多く、30代、40代と続き、40代までで78%を占めます。若い世代を惹きつける、魅力ある福島を一緒につくっていきませんか?

フル動画はこちらからご覧ください。
https://youtu.be/HY8HyIQSw28

アーカイブ

カテゴリー

  • Facebook
  • Instagram
  • 公式ブログ
  • LINE@
  • すくすくジャパン
  • YouTube 森まさこ公式チャンネル
  • 森まさこメールマガジン
  • 自民党LibDems