森 まさこ
森 まさこ

TOP

MOVIE

MESSAGE

POLICY

PERFORMANCE

PROFILE

ENGLISH

ACTION

みなさんこんにちは、参議院議員の森まさこです。

第二次補正予算案が可決、成立し、

約32兆円の追加歳出が決定しました。

その内容についてご紹介します。

雇用調整助成金の充実 4500億円

雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金などの一部を助成するものです。

申請方法が簡素化され活用しやすくなっています。

詳細はこちら

 ↓↓↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

家賃支援給付金の創設 2兆円

新型コロナウイルス感染症の拡⼤を契機とした自粛要請等によって売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減することを目的としています。

1か月最大100万円で6か月支給されます。

詳細はこちら

 ↓↓↓

https://mirasapo-plus.go.jp/infomation/5846/

企業の資金繰り支援 12兆円

この他民間資金94兆円も併せてしっかりと資金繰りを支援してまいります。

医療提供体制等の強化 3兆円

医療従事者等への慰労金の支給、ワクチン・治療薬の開発、医療用物資の確保・医療機関等への配布等に活用されます。

低所得のひとり親世帯への特別臨時給付金 1365億円

低所得のひとり親世帯について、新型コロナウイルス感染症の影響による子育て負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため、臨時特別給付金を支給します。

対象者

【児童扶養手当受給世帯等への給付】

(1)令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方

(2)公的年金給付等を受けていることにより児童扶養手当の支給を受けていない方

※児童扶養手当に係る支給制限限度額を下回る方に限ります。

(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、直近の収入が児童扶養手当の対象となる水準に下がった方

【収入が減少した児童扶養手当受給世帯等への給付】

上記(1)(2)のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少しているとの申し出があった方

支給額

【児童扶養手当受給世帯等への給付】

1世帯                 5万円

第2子以降ひとりにつき         3万円

【収入が減少した児童扶養手当受給世帯等への給付】

1世帯                 5万円

詳細はこちら

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11456.html

法務省における第二次補正予算の活用

法務省では、

・感染症対策のための医療機器等の整備

・刑務作業を活用した感染予防具の製作体制の整備

・テレワーク環境等の強化

を行います。

閉鎖空間である矯正施設においても、今年4月以降に新型コロナウイルス感染者が発生したことを踏まえ、収容施設等における新型コロナウイルス感染症対策を強化します。

また、刑務作業として、マスクや医療用ガウンの製作を行うための体制を整備します。

さらに、新型コロナウイルス感染症の再拡大等の状況においても業務を継続し、国民の皆さまに必要な行政サービスをお届けするために必要な体制を整備します。

テレワークや、ウェブ会議、テレビ会議システムを利用した通訳実施体制の推進を行います。

詳細はこちら

 ↓↓↓

http://www.moj.go.jp/kaikei/bunsho/kaikei02_0409.html

第二波を予防すると共に医療体制を強化し、困っている人にしっかりと支援を届けるべく引き続き取り組んでまいります。

参考:財務省 令和2年度補正予算(第2号)の概要

https://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2020/sy020407/hosei020527b.pdf