森 まさこ
森 まさこ

TOP

MOVIE

MESSAGE

POLICY

PERFORMANCE

PROFILE

ENGLISH

ACTION

みなさんこんにちは。参議院議員の森まさこです。

東京都で新たに新型コロナウイルス感染が確認された方が26日は72人と13日ぶりに100人を下回りました。
検査の数にもよるので安心は出来ません。
それにしても12日間も100人超えが連続していたということです。
それなのに、優先順位が人により異なっているのが現状です。
皆、不便で辛いですが、何より大事なのは感染拡大防止だと思います。
新型コロナウイルス感染症の収束に向け、一丸となって取り組みましょう。

■ 新型コロナウイルス感染症について

法務省は人権侵害問題を担当しておりますので、在宅・休校下での児童虐待やDV被害の発見遅れのリスクを大変心配し、取り組みを強化しています。
女性の人権ホットライン 0570-070-810
児童相談所 全国共通189 などで相談を受け付けております。
また、内閣府男女共同参画局も相談体制を拡充しています。

24日の官邸での新型コロナウイルス感染症対策会議では、児童虐待・DV問題につき関係省庁間連携についてあらためて情報共有、意見交換いたしました。

新型コロナウイルス感染症に関する、政府、法務省の取組みがまとめられています。
在留資格に関する申請手続きの、受付期間延長について、多言語にてHPに掲載しております。
また、郵送による在留カードの交付も実施しております。
 ↓↓↓
▼法務省 新型コロナウイルス感染症に関する情報
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/20200131comment.html

また、技能実習生等への雇用維持支援について、法務省HPに掲載されています。
先日の記者会見でも発表したとおり、異業種間での転職も含めて柔軟に対応し、深刻な人手不足に悩む事業主とのマッチングを促します。
 ↓↓↓
▼新型コロナウイルス感染症の感染拡大等を受けた技能実習生の在留諸申請の取扱いについて
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri07_00026.html
▼新型コロナウイルス感染症の影響により実習が継続困難となった技能実習生等に対する雇用維持支援
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri14_00008.html

新型コロナウイルス感染症に関して、感染者・濃厚接触者、医療従事者等に対する誤解や偏見による差別は許されません。‬
‪法務省人権擁護局では相談を受付けています。困った時は一人で悩まず、ご相談ください‬。
 ↓↓↓
▼新型コロナウイルス感染症に関連して
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken02_00022.html

コロナウイルス感染症対策情報は下記からご覧いただけます。
 ↓↓↓
(官邸HP)
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
(厚生労働省HP)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

■ 最新1週間の活動の一部ご報告

◇4月20日(月)
法務省の補正予算案のうち、法的トラブル解決に向けた日本司法支援センター(法テラス)による支援の充実に3億円を計上しています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で雇用関係に影響が出たなど、コロナ問題に関する法律相談会なども実施する予定です。

◇4月21日(火)
この日の閣議では、法務省所管の裁判所職員定数改正法の公布が閣議決定されました。

定例記者会見にて次のことをお話しいたしました。
矯正施設タスクフォースに続き、入管におけるコロナ感染防止対策についてもタスクフォースを立ち上げました。
空港入管、収容者施設、在留許可窓口などのコロナ対策のマニュアルを作成します。
元陸上自衛隊化学学校長、感染症内科医師、空港会社取締役、弁護士などの専門家をメンバーに選びました。
この日の会見の概要は下記でもご覧いただけます。
 ↓↓↓
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00071.html

◇4月22日(水)
オンライン会議で政府IT総合戦略本部及び官民データ活用推進戦略会議を合同開催いたしました。

総理は官邸で、私ども閣僚は各大臣室で、有識者の皆様もそれぞれオンライン参加いたしました。

法務省も就任会見どおりデジタル化を進め、今般更に加速させています。

◇4月24日(金) 
法務省危機管理専門家会議を開催いたしました。

矯正施設タスクフォース、入管タスクフォースからの報告を受けました。
収容施設等の感染症対策の環境整備も進めます。

法務省コロナウイルス感染症対策本部を開催し、矯正施設、入管施設それぞれのタスクフォースについて報告がなされました。

共有された有用な事例や情報を持ち帰り、各組織で活用することは対策本部の目的を立ち上げた目的の一つです。
更なる効果的な対策のため引き続き検討を進めるよう指示しました。

官邸での新型コロナウイルス感染症対策本部に出席いたしました。

この瞬間も感染症治療のために必死の対応をなさっておられる医療従事者の皆様の防護具の調達に政府は全力を傾けています。
法務省も刑務所等の作業としてこれまでの防護服等のほか医療ガウン120万枚の製作をいたします。

これからも「愛するふくしまを守り、未来を切り開く!」の決意の下、全力で職責を全うさせていただきますのでよろしくお願いいたします。