森 まさこ
森 まさこ

TOP

MOVIE

MESSAGE

POLICY

PERFORMANCE

PROFILE

ENGLISH

ACTION

みなさんこんにちは。参議院議員の森まさこです。

■ 新型コロナウイルスに関して

WHOの緊急事態宣言を受け、政府は新型コロナウイルス感染症に関する政令施行日が2月7日から2月1日へ前倒しされました。

法相として新型コロナウイルスに関する措置を閣議に提案しました。
14日以内に湖北省における滞在歴がある外国人及び同省発行の中国旅券を保持する外国人の入国を拒否することです。

 

 

無症状でもウイルス保有者がいたこと、潜伏期間の長さに鑑み、国民の命と健康を守るため入管法の適用をすべきと判断しました。

また、厚労省がコロナウイルス肺炎に関して電話相談窓口を設置しております。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html?fbclid=IwAR2oyKowsvroLiS33xUL699VzUtMvyWGxUINBE3GGgJD1DHiHy0LN06AAHM

政府一体となって感染拡大の防止に取り組み、関係省庁の中でできることを迅速に行える態勢をつくり、国民の皆様の不安を解消できるよう全力で取り組んでまいります。

■ 推薦枠聖火PRランナー決定

福島県実行委員会の推薦枠聖火PRランナーが決まりました。
TOKIOは、ダッシュ村以来ずっと福島県を応援してくださり、しずちゃんはいわき市を舞台としたフラガールに出演されたなど、皆様福島県の復興に寄り添って頂いている方々です。
Jヴィレッジから、始まる聖火リレー、復興五輪の火をしっかり繋いでくださると期待します。

■ 最新1週間の活動の一部ご報告

◇1月27日(月)
衆議院予算委員会が始まりました。

 

 

次世代に渡すこの国の形をどう作って行くのか議論する大事な場です。真摯に対応して参ります。

まずは令和元年度の補正予算の審議。経済対策に加え、台風19号からの復旧・復興のための河岸堤防のインフラ強化等の予算です。
 


◇1月28日(火)
閣議では新型コロナウイルス感染症を指定感染症として政令で定める旨決定しました。検疫法も同様に致しました。感染症対策に万全を期します。


閣議後、予算委員会が始まるまでの合間を縫って記者会見。

 

 

なので、場所は、いつもの法務省の記者会見室ではなく移動中の廊下で行いました。

おととしからPTを立ち上げ取り組んできた養育費不払い問題について、大臣直轄の勉強会を設置したことをお話ししました。

国会議員からも続々応援の声が届いてます。


◇1月29日(水)
午前中の予算委員会にて豚コレラに関して、入管法で取りうる措置についてお答え致しました。


午後の参議院予算委員会では、ひとり親世帯に対する税制支援、少子化問題、男性育休も議論にのぼり、小泉大臣が育休を取ってよかったと感想を述べられました。

 

 

育休を取りたくても取りにくい雰囲気をトップダウンで変えていく。

そのために私も法務省の男性育休100%達成を目標に掲げて取り組んでおります。


◇1月30日(木)

 

 

午前中の予算委員会にて、カルロス・ゴーン被告人の不法出国と、日本の刑事司法制度について、明確に分けて議論すべきこと、日本の刑事司法制度 は適切に運用されている事、そして時代に合わせ改革を行っていくことをお話しました。

保釈のあり方、GPSに関しても検討を進めます。


◇1月31日(金)
第2回養育費不払い問題の勉強会では明石市の泉市長も参加いただき、先進的な取組をご紹介いただきました。‬

 

 

‪親権問題から養育費の問題を切り離し、養育費の立替、不払い率の改善などを検討し、具体的な制度に落むことで少しでも早い問題の解決を目指します。
次回は海外の事例を研究します。‬

これからも「愛するふくしまを守り、未来を切り開く!」の決意の下、全力で職責を全うさせていただきますのでよろしくお願いいたします。